贅沢に慣れきっている?

お金持ちなのに会社のお金を流用ってダサいなぁと思います。
ダサいも死語ですけどそう思っちゃったんだから仕方がない。
ベルサイユ宮殿で再婚の結婚式をするか?
借りられるところで一番高いところは9000万円。
彼が借りたのは普通は借りられないところで値段は不明らしいです。
そしてその費用も流用ではって疑惑あり。
ブラジルの大統領選挙に出るのではないかと噂されていたのでその為に貯蓄していた?
政治の世界に入りたいと周囲にほのめかしていたそうです。
そのために貯蓄をするのは良いけど、だったら自分でためろよ!
貯蓄はしたいけど贅沢はしたいなんて最低だなとしか思えません。
贅沢に慣れきっていると金銭感覚がおかしくなるのかもしれませんね。

訃報を知って

女優の角替和枝さんがお亡くなりになりました。
ネットニュースのタイトルを見たとき、正直に言ってピンとはきませんでした。
しかしお顔を拝見して、「ああ!」ってなりました。
名わき役、というのが頭に浮かびましたね。
主演をすることがだけが全てではなくそのまわりにいる出演者がいてこそ作品ができあがるわけです。
ドラマに何度も出演している女優さんですね。
そしてご主人と息子さんの名前で、再び声がでましたね。
俳優一家とは聞いていましたがけどこの方が奥様なんですね。
息子さん二人は見分けがつかないのですが俳優として実力や知名度がありますね。
がんで闘病1年と、ご家族にとっては長いのか短いのか察することはできません。
ご冥福をお祈り致します。

プロジェクトに参加する人

プロジェクトに参加する人は毎日一万円もらえます。
嘘でした。
そりゃそうだろう!
思わずつっこみを入れたくなるようなレベルの詐欺です。
普通に働いている人が日当で一万円稼いでいる人がいいったいいくらいるんだって話しです。
1人当たり10万円以上振り込ませていて、さらにもうかるには45万円の参加料がかかるというコースもあったようです。
実際に一万円をもらった人はいないそうです・・・。
この詐欺師たちは2月からの3か月で9億円をかせいだんだとか。
なんでこんなのに騙されるんだろうかとそっちの方が不思議ですよ。
楽して稼げる方法があるわけはない。
実際にあったとしてたら身内とか知り合いとかに副業として紹介しますよ。
上手い話しなんてない。

単品だけを食べてダイエット

単品だけを食べてダイエットが成功するなんてことは信じられません。
まあ、実はちょっとやってみたいなと思ったことはありますけどね。(笑)
間食を控えてあるものをたくさん食べて空腹をおさえれば、ある程度の体重は減るかもなとは思いますよ。
でもメディアを通して、何キロもやせました!というのが広まって品薄になるのは、どうあかなと思いますよ。
この話題を出したのは、きゅうりの話しを聞いたからです。
野菜の中で一番栄養が少ないとされているきゅうり。
夏野菜なので体温を下げる効果があるという利点は知ってますが、最近になって脂肪分解酵素があったということが分かったそうな。
そういうのがあったとしても、今はきゅうりがすごく高いのでそのブームで品薄なのは迷惑かな。

ベンジャミン・ホッチキス

仕事で必要なのでホッチキスは毎日のように使用します。
今は針を使わないホッチキスがあるので、本当はそちらを使いたいのですが、なかなかうまくいきません。
ベンジャミン・ホッチキスさんが発明したそうですね。
名前がそのまま商品になるっておもしろいですね。
いろんな商品が出ている中でいいなあと思ったものがあります。
コピーして自動でホッチキス留めしてくれる機能があるなんてびっくりしました。
そんなコピー機を考える人もすごいです。
そしてコピー機にホッチキスを内蔵することで、それ専用のホッチキスになります。
ということで38億円も売り上げているなんてこともびっくり。
アイディアがあると商機をつかむことにつながるんでしょうね。

日本のアスリートの言葉

とある日本のアスリートの言葉。
「努力は嘘をつく。でも無駄にはならない」
努力の先に結果を残せる人は世界でも少ししかいませんからね。
結果を残した人の言葉、というのも重いですね。
オリンピックや世界選手権などワールドクラスの大会でメダルを獲得したとしても、すぐに忘れ去られてしまう人もいます。
ほんの一瞬の脚光で終わってしまうこともある。
いろいろなことがすぐに流れていってしまうのも少々考え物ですね。
映画や物語の中のように逆転で勝利を飾ることが出来る人やチームなんて少ない。
負けた人も努力してきている。
それでも、その人の人生で無駄にはならない。
無駄にならないことってなかなかないなって思います。
ぼーっと息をして生きている場合じゃないですね!

気が付かないうちに体の中で進行

自分自身、気が付かないうちに体の中で進行してしまう糖化。
体に焦げができた状態で、肌、骨、血管、脳に影響するなんてとても恐ろしいですよね。
特殊な光をあてると蓄積された糖化年齢が分かるそうです。
糖化とは体内でたんぱく質と余分なブドウ糖が一緒になってしまっている状態です。
体内に糖が余っている状態で老化を進めるそうです。
朝食を抜くのは糖化に一直線!なのは大丈夫ですが運動不足だと糖がたまってしまうのがあてはまります。
かかとをあげて上下に屈伸すると一番消費する筋肉である大腿筋を鍛えることができます。
5回を3セット朝昼晩でやると効果的なんだとか。
ではそれと一緒にスクワットも加えてやってみようと思います。
運動不足解消には程遠いけどやらないよりはマシですよね。

合理的にあり得ない

[合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 ] (著)柚月裕子
短編の連作だと残業して帰宅、ちょっとコーヒーを飲みながら読むことが出来るので好きです。
二話まで読んでわかったことは、タイトルにもなっている上水流涼子が詐欺師を論破するというストーリーになっているようです。
言葉巧みに人を騙す人というは実際にもいるのでしょう。
絶対に騙されないと思っていた人ほど、ちょっとしたトリックを見抜けずに信者になりお金を貢いでしまう。
それを防ぐ人は確かに必要です。
そういう特殊な仕事をしているような物語は以前にも他の作家さんで読んだことがありますけど実際にもいるのか・・・?
二話目は一話目と趣向が違ったのでこれから先にどんな違いのある物語がくるのか、そこも楽しみです。

人の悩みは大抵良いことはない

あまり見ないようにしていますが、ついついクリックしてしまうのが某Yのつく知恵袋です。
人の悩みは大抵良いことはなくて一緒になって腹が立つことばかりです。
理不尽な人はたくさんいて巻き込まれてしまう善意の人が不憫でなりません。
でもぎゃくに、相談者の傲慢さや自分勝手さを見ることもありますね。
そんなことを指摘されたり、またはつくり話しだと指摘されたり。
さまざまなドラマもあります。(笑)
簡単に離れることはできない身内にモンスターがいる人あ、大変ですね。
現状に不満があってもそんなモンスターに悩まされているわけでもないし、とりあえず自分も含めて身内も病を患っているわけではないので、幸せなのかなと思います。
人様を下にみているわけではないので、気付きをくれる・・・という感じですかね。

自分を犠牲にするには限度がある

人のために何かをするということ。
それはもちろん良いことだけど、自分を犠牲にするには限度があると思います。
なんでもかんでも、じゃあ私がその面倒を引き受けるよ、なんて言えません。
言わなきゃいけない義務はありませんよね。
誰かが勝手なことをしたのに、それまで迷惑をかけられたのに、その相手のためにこちらが譲歩しなければならないなん
て我慢できません。
優しい人、人を思いやる人が「良い人、理想的な人」だとは思いますよ。
でも人にいいかっこを見せるのはやめたい。
人を助けて犠牲になっている、なんて思うくらいなら嫌われた方がいいかもしれません。
本当は穏便にすませたいけれどそんな理不尽なことはありませんからね。