薬剤師は定年&再就職はできる?

薬剤師の定年、まずこれを考えるにあたり、定年が思い当たるのが、企業等に勤める薬剤師さんで、こうした企業に勤める薬剤師は、定年はおおよそ60歳となります。 もちろん、自分で薬局等を開業されている場合は、定年は存在しませんが、定年のある薬剤師さんは、60歳で定年を迎え、薬剤師職から離れるということになります。 しかしながら、そのまま、薬剤師職から離れ、家でのんびりというケースはありえない事ではありませんが、その後も薬局の調剤、管理薬剤師として定年後再就職を果たすという事も少なくないようです。

こうした事から、昨今、薬剤師の方が、定年に備え、再就職をきちんと考えて求人会社に登録している、という薬剤師さんも非常に増えています。 当然、現在の60歳、70歳は、一昔に比べて、非常に元気で、まだまだ働くゾッ!トいう方々が大勢いますから、そうしたまだまだ働きたいという方がこのように、定年に備え、再就職を考えて求人会社に登録しているのでしょう。

又、現社会を考えても、高齢化社会と言われる時代に突入しているわけですから、予防に関する医学、セルフメディケーションへの関心も非常に高まっておりま す。 これに伴い、やはり患者さん、もしくはお客さんのお話、相談をきちんと直接聞き、アドバイスしてくれる、という存在は非常に重要で、こうした現状を背景 に、ドラッグストア等では、再就職を希望している、早期退職を果たしたミドル薬剤師、もしくはシニア薬剤師が急増しています。

もちろん、この中には、定年退職を果たされたシニア薬剤師等も急増しているということなのです。 このような背景に伴い、定年後、再就職は可能か?という問題を考えると、前文出もご紹介したように、定年、退職を機に、多くのミドル、シニア薬剤師が活躍しているわけですから、可能という事になります。

しかし、定年後の就職をするためには、いくつかのポイントをきちんと踏まえて再就職を果たす事が必要となります。 このポイントを、良く踏まえ、定年後、まだまだ働きたいという方は、再就職に向け、対策を練っていただきたいと思います。 このポイントとは、経験や知識は豊富な存在である事は、間違えありませんから、これ+『頼れる』存在である事をアピールできる事も大切で、以前までの『待遇』等にとらわれていてはいけません。

又再就職先となる場所において、何か希望、もしくは提案をされた場合は、最初から拒否せず、受け入れる姿勢を持つ事も非常に大切となります。 これらのポイントを踏まえ、就職を行う事で、まだまだ活躍できる就職先を見つけられる事となります。聞いた話では九州の薬剤師は求人が見つかりやすいとか聞いたことありますが実際はどうなんでしょうかね!?

コメントは受け付けていません。