都市開発に従事できる建設会社(ゼネコン)の求人

「都市開発プロジェクトに従事できる建設会社。」

都市の再開発事業プロジェクトは街づくりそのものであり、数年から十数年かかるプロジェクトとなり建設会社(ゼネコン)の醍醐味が味わえる仕事です。プロジェクトにかかる資金、人員も多大となるので、ある程度の規模以上の大手ゼネコンが行う仕事となります。商業ゾーン、住宅ゾーン、及びパブリックゾーン(公共施設)を複合的に造り上げていく仕事であり、まず環境アセスメント調査から、基本プランニングを設計事務所が行い、その後、建設会社(ゼネコン)が建設工事を推進していきます。行政機関、地域関係機関、各種施設の関係者と緻密な連携が必要な仕事であり、交渉提案方法、工程管理の方法が仕事の出来を左右することとなります。再開発手法もPFIを活用した手法等、多様化してきており、大型の再開発、都市開発プロジェクトを経験した職員は貴重な戦力として力を発揮している大手ゼネコンが多くあります。

「都市再開発プロジェクトに従事する為に必要な事。」

大型の再開発、都市開発事業に従事し、力を発揮する為には、建設技能者として一級建築士、一級施工管理技士等の資格を取得するよう励むとともに、都市開発事業におけるPFI手法等、都市再開発事業の仕組み、法務も勉強する必要があります。各種行政機関関係者のみならず、都市開発にかかる地権者の皆様の意向を咀嚼しながら、設計事務所と共に街づくりをしていく仕事であります。時間がかかる交渉や、判断によっては工程管理、予算管理に大きな影響を及ぼす事もある事業です。しかし、大型の都市開発を成功させることにより得られる達成感と、技術者としての喜びは得難い財産となりますし、会社の成長の糧となる仕事であります。

[リンク]家を売却したいならここでまず資料請求しよう

コメントは受け付けていません。