わけわからないこと

烈風の港 著者:石川渓月
はじめて読む作家さんです。
久しぶりにハードボイルドっぽい小説を読みました。
初読みのせいか私の想像力のなさが原因なのかはわかりませんけど、バトルシーンがわけわからないことが多かったです。(笑)
たぶん私の理解能力が低いせいだと思います。
だって他の人の感想を読んだらそんなことを書いている人はいませんでしたしね。
私としてはそんなに暴力をうけているのに、立て続けにいろんなところに行くとか信じられません。
フィクションだからそんなのはどうでも良いのでしょうけれど、なんとなく違和感があって気になりました。
人も死んじゃうしやりきれないシーンもあるし、読むだけなのにけっこうな体力を使ったような気がする作品でした。