つかみどころがなさ過ぎ

好きな作家さんが多作というわけでもないので新しい作家さんの本も読むようにしています。
初読みの名取佐和子さん「交番の夜」を読みました。
うーん。嫌いじゃない。
短編の連作で登場人物が微妙につながったりしていて。
でもなんとなくしっくりこないのは、主人公?みたいな人のキャラクターのせいかな。
ちょっと変わっているけどある面については優秀。
探偵のようなそんな人。
見た目もかわっているんだけど、キャラがたっているとも言い難い。
独特の雰囲気で交番警察としては優秀なんだろうけども、なんとなく好きになれないのが原因かな。
話しの中心にいるんだかいないんだか。
解決するのに必要だけどつかみどころがなさ過ぎて、よくわからない人ですね。