チラシとフライヤー

お店に来てもらうために宣伝として印刷するチラシ。
最近はチラシではなくて、フライヤーとも言いますね。
空からチラシをまいたことがあるってはじめて知りました。
そこからフライヤーってなったそうです。
チラシは「散らす」からきています。
宣伝のために紙を撒き散らすからってちょっと単純ですね!
16世紀安土城上城下で巻かれたのが一番古いチラシのようですよ。
1683年に三井越後屋が江戸市中に配りました。
これを考えた人は頭がいいですね。
でも印刷の技術はあったんですかね。
自分の予想としては版画みたいに刷ったのかなぁなんて思いましたが、一番最初はやっぱり全部手書きなんですかね。
字をかける人も限られているだろうしとても大変な作業ですよね。