疲労をためにくい体

疲労をためにくい体のつくり方はどうすれば良いかご存知ですか?
集中力が続く限りずっと続けてしまうのはよくありません。
ベストの作業時間は40分と言われています。
そして休憩5分間の休憩を入れるのです。
同じ作業を40分以上続けると回復が遅れてしまい集中力が落ちるしかありません。
疲れたら熱めのお風呂に入るというのはよくないそうです。
41度の少し温い程度が良い。
じっくり温めることで血流が促されて老廃物が出される
汗の出しすぎはだめ
発汗は上がりすぎた体温を下げるために自律神経がフル回転している状態です。
汗をかく手前で出る
眼精疲労にはホットタオル
快適と感じる場所でも長時間いると温度に変化がないと疲れやすくなる
光や風など取り入れる方が良いので窓を開ける