どうにかならないものか。

盗まれたものがオークションサイトに出品されていたなんてことは先日もあったことを覚えています。
今回は持ち主が取られて、盗んだ親子は骨董屋に70万円で売り、骨董屋が3000万円でオークション落札されたという事件でした。
盗まれたことが分かっているのに一筋縄ではいかないようです。
もともとその人のものなのに、落札者に同じ額を支払わなければならないなんておかしいですよね。
盗品だと分かったらなんとかするべきですよ。
骨董屋が3000万円を返金するのが一番だと思いますが、骨董屋の人はどう考えているのでしょうか。
どれだけ欲しいか、希少価値なものなのかでオークションの値段は高騰していきます。
法律ではカバーできないのが現状なんだそうです。