自分の未来が分かったら

自分の未来になにが起こるかわかる本があってそれを読むことが出来たらどうしますか?
私は見たくなっちゃいますね。
駄目だ駄目だと思いつつ読んじゃいますよ。
この本の主人公は転職の岐路があっても読みませんでした。
けっこうすごい精神力ですよね。
読んでいれば母親の病気が悪化する前に気が付いたんじゃないかとも思っても自分の気持ちを貫く。
そして最愛の妻が病になったとき。
闘病の末に人工呼吸器は外す選択をします。
妻の葬儀を終えて本を見ると、妻の命日はなく難病の治療方法が発見されるとの文字が。
読んでいて、うわあああー。ってなりましたよ。
本を読んでいれば妻は助かったかもしれないということですからね。
感動物語で終わるのかと思ったら最後のそんな落ちで驚きました。